自宅で雨漏りが発生した場合は、業者に修理を依頼しましょう
経験の豊富な業者に修理を依頼しましょう
保険を適用すれば簡単に雨漏り修理を実施することができます
修理に時間がかかる場合は応急処置を施す必要があります

雨漏り修理に役立つサービス

雨漏り修理にかかる料金っていくら

外壁や屋根などの場所が破損して雨漏りが発生した場合は、まず業者のホームページをチェックして修理費用を調べなければいけません。雨漏り修理の費用を事前に把握しておけば、スムーズに修理施工を進めることができます。

料金の相場は?

住宅

住宅塗装は塗料によって外壁や屋根をコーティングし、耐久性を高めることで水が浸入するのを防ぐためのものです。足場の設置やコーキング工事を含んだ外壁塗装の費用は約100万円から150万円程であり、施工を依頼する業者によって工事費用は変わってきます。なるべく安い金額で雨漏り修理を完了させたい場合は、いろいろな業者の情報を調べて予算に適した業者を検索してみましょう。また施工を行なう際は事前に自宅の大きさも調べなければいけません。

少しでも安くするには?

傷んだ天井

雨漏りを修理せずにそのままの状態にしておくと、修理工事を行なう際にかかる費用が高額になってしまいます。雨漏りが悪化すると工事範囲も広がってしまうため、雨漏りの発生に気付いた場合はすぐに修理を依頼しましょう。

雨漏り修理は火災保険が適応される?!

雨漏り修理を行なう際は個人で修理費用を支払い、外壁や屋根を修理してもらうことが多いです。しかし事前に火災保険へと加入しておけば、住宅で雨漏り修理を行なう際に発生する施工費用を保険で支払うことができます。

対象となる可能性大

火災保険の中に存在する風災補償は、台風や竜巻などの災害を対象にしています。そのため台風や竜巻の影響によって雨漏りが発生したと証明すれば、風災補償を適応して雨漏り修理に必要な費用を支払うことが可能です。

支払い内容の確認をする


家財も被害に遭いました。その場合でも保険金が支払われると聞きましたが、本当ですか?
浸水や水漏れなどが発生することで家財がダメージを受けてしまっても、家財保険へ加入していれば保険金を受け取ることが可能です。家財保険は落雷や盗難などの被害にも適応できるため、加入しておくと非常に役立ちます。

火災保険を利用するときの注意

保険が適応されないことも(保険会社スタッフ)

火災保険は雨漏り修理の費用を支払うのにとても便利ですが、対象となるのは自然災害で発生した住宅への被害だけとなっています。そのため住宅の老朽化や施工不良など、自然災害以外で発生した雨漏りに火災保険は適用できません。

TOPボタン