自宅で雨漏りが発生した場合は、業者に修理を依頼しましょう
経験の豊富な業者に修理を依頼しましょう
保険を適用すれば簡単に雨漏り修理を実施することができます
修理に時間がかかる場合は応急処置を施す必要があります

応急処置で雨漏り修理を行なうまでの時間を稼ぐ

被害を抑えるために応急処置しておこう

雨漏り修理を依頼してから修理が行われるまでに時間がかかる場合は、応急処置を施して雨漏りが悪化するのを防ぐ必要があります。きちんとした処置を施しておけば、外壁や屋根を良好な状態に保ち続けることが可能です。

自分できる処置方法

バケツを使用する
屋根や外壁から雨水が侵入すると住宅内が濡れてしまい、足元が滑りやすくなってしまう可能性が高いです。そのため雨漏りが発生した場所の下にはバケツを置き、なるべく住宅内が雨水で濡れないように対処しましょう。
雑巾で吸い取る
窓やサッシ部分の老朽化によって雨漏りが発生した場合は、雑巾を置いて水たまりが発生しないようにしましょう。きちんと水を取り除いておけば住宅内が水で濡れるのを防ぎ、室内にカビなどが発生するのを予防できます。
防水テープを使う
雨漏りが発生している場所を雑巾などでよく拭いておき、防水テープで穴を塞いでおけば浸水をある程度食い止めることが可能です。しかし広範囲に貼ると見栄えが悪くなってしまうので、貼り付けを行なう際は注意しましょう。

外壁からの雨漏りトラブルは絶対に放置してはいけない

雨漏りの規模が小さいからといってそのまま放置しておくと、雨漏りの状態が悪化してしまい住宅に大きな被害が発生してしまいます。雨漏りは住んでいる人にも健康被害を与える可能性があるため、迅速に解消しておくのが最適です。

考えられるトラブル


雨漏りを放置するとどうなるの?
外壁から雨漏りが発生した場合、雨水が壁を伝わって流れるため壁一面がカビだらけになってしまう可能性が高いです。壁紙なども剥がれてしまうので、雨漏りを修理した後は壁紙の張替えやカビの清掃などいろいろな作業を行なわなければいけません。
また壁に発生したカビを吸い込むと喘息などの病気を発症させてしまい、治療に多くの費用と時間がかかってしまいます。迅速に雨漏りの修理を行なっておけば修理費用も安く済みますし、健康被害が発生することもありません。

TOPボタン